ドラッグストアの風邪に関する解説するサイト

風邪薬について

ひと口にかぜ薬といっても、解熱、鎮痛、鼻水、鼻づまり、咳・痰など各症状に効く成分は異なります。これらすべてに効く成分を含んだ風邪薬が「総合感冒薬」と呼ばれるものです。また、症状ごとに有効な成分を強めて差別化を図った「感冒薬」もあります。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

頭痛・発熱・のどの痛み・筋肉の痛み・咳・くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどといった、いわゆる風邪症候群(普通感冒)の諸症状の緩和に効果を出すように、解熱剤(解熱鎮痛剤)と鎮咳去痰薬・抗ヒスタミン剤などを複合した医薬品です。日本では、現在一般用医薬品(大衆薬・OTC)として広く発売されています。剤形としては錠剤・カプセル剤・粉末(細粒・顆粒など)・飲料(シロップ・ドライシロップなど)のパッケージで発売されています。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

風邪薬は種類が多いわりには、うまく使い分けされていません。購入の際には、どれを選んだらよいかわからないままに、商品名や値段だけで選んでいる人が多いようです。自分のいまの状態にとって最も必要なことは何か、症状に対し期待したい効果は何か、これらを見極めたうえで薬を選ぶことが大切です。 一般的に私たちは、「大は小を兼ねる」という発想で総合感冒薬を選びがちです。薬の安全な用い方という点から、特定の症状に対応した必要最低限の薬は積極的な服用が必要ですが、必要のない成分については服用しないほうがよいでしょう。

 

ドラッグストア