ドラッグストアの風邪に関する解説するサイト

風邪の病原体と感染経路

風邪を引き起こす病原体は、ウイルス・細菌・マイコプラズマ・クラミジアがあります。ただし約90%の原因がウイルスです。また、ウイルスは、200を超える種類があるといわれ、感染したウイルスにより風邪の症状も異なります。
病原体の感染経路には、以下の3種類があります。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

・「空気感染(飛沫核感染)」結核,麻疹,水痘などの病原体が直径5μm以下の微小飛沫核となって長時間空中を浮遊し、空気の流れによって広範囲に伝播される感染様式で、空調設備のある個室への隔離や特殊なマスク(N95マスク)の着用が必須とされます。 ・「飛沫感染」インフルエンザ、風疹、マイコプラズマなどの病原体が咳、くしゃみ、会話などで直径5μm以上の飛沫粒子となって飛散し、約1m の距離内で濃厚に感染を受けるもので、通常のマスク装着による飛沫予防策も有効とされています。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

・「接触感染」はいわゆる風邪、MRSA、O-157、赤痢、急性下痢症、A型肝炎などで見られ、感染源との接触した手・体による直接接触、あるいは患者に使用した物品や環境表面との間接接触によって感染します。手洗いの励行はもちろん、病原体に応じて手袋・ガウンなどの使用、聴診器など器具の共用禁止、消毒薬の使用、個室隔離など、様々な接触伝播経路における予防策が必要となります。

 

薬剤師国家試験